無料よろず相談受付中

「観光蔵企画提案」

蔵元・酒造元 店舗デザイン|観光蔵 蔵元 酒造元 店舗デザイン

  • 手づくりの里配置図

酒屋・食品スーパー店舗デザイン実例

観光蔵の企画
何百年も続いている歴史ある蔵元・酒造元さん。生まれたときから跡取りとして教育され蔵を続け、そしてそれを引き継がせる。石橋を叩いて渡り何代も何代も続けて行かなければならない使命...。しかし、これからはただ続けるだけでは? 時代を見据えた考え、変化、バリエーションが必要になってくる。時代は回帰するのではなく、スパイラルしながら前へ進んで行く。ご先祖さんから受け継いだこの蔵を日本の世界のオンリーワン、ナンバーワンの商品や蔵元のブランディングが必要になってくる。 それはまさしく観光蔵によるブランディングだ。
「オンリーワン&ナンバーワンづくり」
  1.蔵、家の歴史
  2.家名の繁栄
  3.人物や時代の事件
  4.素材、加工法、製法、製造機器
  5.ネーミング由来
  6.地縁性、環境貢献
「商品」
  1.限定、最高峰
  2.地域
  3.その他上記の1から6の関連
「見学コースポイント」
  ・見学コースとして製造工程見学→説明ポイント→試飲コーナー→物販コーナーとする
  ・また資料館(展示ゾーン)フリースペース(イベント展開、体験ゾーン)を付け加え滞在機能の充実を計る
「その他の施設ポイント」
  ・添乗員休憩スペース
  ・受付
  ・お客様休憩スペース
  ・おしゃれなトイレ
  ・展示品
...このようなことを踏まえた意識付けのもと、歴史ある蔵をお客様に見て頂き、その臨場感を体現し直売処に案内。すべての蔵のお酒が無料で試飲でき、その旨さが体に染み、すぐ購入してしまう。 その動向を作るのには上記の様なことを考え、行動しなければなりません。私共エムアンドアソシエイツはその蔵元、酒造元の皆様のブランディングのお手伝いをと願っております。 観光蔵を考えている改装、リニューアル、商品政策などお気軽にご相談下さい。お呼び下さればすぐに参上します。蔵元・酒造元店舗デザイン!

ちば まさゆきのデザインワンポイント

店舗情報

酒屋・食品スーパーのその他事例