【北嶋屋酒店】 東京/武蔵新田「店舗よろず相談依頼実例」

酒屋店舗デザイン|量り売り・改装 酒屋店舗デザイン

  • 外装夜景。

  • 平面図

  • 斜アングル。独立看板も目立ってる!

  • LED照明が仕込んである庇がかっこいい。

  • 正面ステンレス製のレジカウンターにシャンデリアがミスマッチ。

  • 左壁面は日本酒、焼酎コーナー。間接照明で商品が浮き上がって見える。右は量り売り用の瓶のDisplay棚。

  • 右壁面はワインコーナー。黒の什器に赤のプライスカードラインが目立つ。

  • 右奥の部屋は量り売り用日本酒タンクと要冷の酒コーナー。タンクの存在が圧巻!

  • レジがある店舗側とは一転してメタリックが光る空間。

  • あまりに違う部屋のギャップが味わえて楽しい。

酒屋・食品スーパー店舗デザイン実例

改装実例である。ある日一本の電話がかかってきた。「親から子へ世代交代に伴い、店舗改装を考えています。量り売りに力を入れており、 他にはないと自負しております。日本酒の他に焼酎、梅酒、ビールなども量り売り販売しており、ラベルも毛筆で、1枚、1枚描いておりこだわりは人一倍です。是非一度お会いさせて頂きたいのですが。」 との事。その日からこのプロジェクトが動き出した、量り売り改装、酒屋店舗デザインの実例である。

ちば まさゆきのデザインワンポイント

お会いした五代目の息子さんより、世界一の酒屋を作って欲しい!シャンデリアを付けたい!この要望のもとに取りかかった...。 日本酒のイメージを打破すべく石貼とモールディングによるユーロモダンで、この下町にエナジーを与えるデザインを試みた。そしてなにより量り売りのタンクを全面にガラススクリーンでより見えるように配置し、 インパクトあるカラーリングでタンクもリニューアル赤と黒である。店舗内は現在と未来を黒のカラーリング(現在)とミラーと天井のアルミ鏡面仕上のスパンドレールによる、メタリック(未来)で表現し、 ポイントにシャンデリアとレッドカラーで引き締め、量り売りのボトルを美しく見せるため、光壁によるディスプレイ棚をレジ横に配置し、黒、赤、シャンデリア、間接照明(現代)、タンク、鏡、アルミ鏡面(未来) の対比でユーロモダンの中に日本酒が息づいている、そんな量り売り専門店が、ここ武蔵新田に甦った!酒屋店舗デザインの実例である。

店舗情報

●名称/業態:北嶋屋酒店/酒屋  ●住所:東京都大田区矢口1-21-18  ●規模:15坪 ●営業時間:10:00〜20:00 ●定休日:木曜日 ●オリジナルラベルをその場で作り、世界で一つの心のこもったプレゼントを提供する「美味しいお酒の量り売り」専門店 大吟醸生原酒「五代目」、純米吟醸生原酒「新田浪漫」(生原酒貯蔵タンクより量り売り)

酒屋・食品スーパーのその他事例