【神田達磨】東京/西池袋/10坪 「新規出店」

たい焼き おはぎ 和菓子店舗デザイン実例

  • たい焼きマークがアイコン!モダンな店舗ファサード

  • 店舗外装!白瓦が超モダン...夕景!

  • 白木と白瓦、いい感じです!

  • 店内全景 晒竹が新鮮!

  • ガラスのコードペンダントがモダンに演出!

  • ショーケースの間接照明が美しい!

  • 出店前の写真

  • 店内パース

  • 神田達磨たい焼きマークとロゴ

  • オープン時写真

ベーカリー・和洋菓子店舗デザイン実例

西池袋ラーメン屋さんの跡に出店した和菓子と羽付たい焼き店です。コンセプト「食べ歩きの文化を日本に根付かせたい」、たい焼きは、やっぱり焼きたてが一番、春夏秋冬いかなる時間帯に買いに行ってもその期待を裏切らないお店こそ最高。 それが私たちの目指す「頂き」です。この「たい焼き哲学」、そして焼きたてのアツアツをその場で召し上がるお客様でいっぱいという「たい焼き文化」の輪が広がっていきますように!そんなオーナーのこだわりを体現すべくこの和菓子店舗デザインが進められた実例。

ちば まさゆきのデザインワンポイント

和の素材、瓦・竹などをスタイリッシュにモダンにと和瓦の色を白色に特注し、神田達磨のイメージ羽付たい焼きマークを内照式看板でアイキャッチ!白い瓦とのモダンなファサードが出来上がった。店内は「和美」なる空間を創造、古来から愛されて来た天然素材。 木でもない、草でもない不思議な植物、竹を多様。右壁面は晒竹、竹巾5〜7分乱貼り、下地に墨色塗装仕上とし、中央のショーケース腰にも、晒竹半割貼とした。正面左後方には、「神田達磨」の浮き出し文字、その左右には、北海道は十勝産の小豆の粒がディスプレイ!拘りの「あん」を演出! 左の和紙風白いクロス、床の白磁器タイルとガラスのコードペンダント、モダンなマテリアルと竹とのコラボレーション!Japanese Bamboo Modern・神田達磨・がここ西池袋に出現!!!そんな和菓子店舗デザインワンポイント。

店舗情報

●名称/業態:神田達磨/和菓子とたい焼き ●住所:東京都豊島区西池袋  ●規模:10坪

ベーカリー・和洋菓子のその他事例