無料よろず相談受付中

【U-STYLE 鶴見店】神奈川/鶴見

大型カラオケ店の店舗デザインの実例

  • 入口くぐると圧倒的な存在感のレジカウンター。アジアンパネルをLEDライトが照らし何とも言えないインパクトをかもし出す。

  • 光のアーチとサッシガラスに貼った出力シートで締まりあるデザイン。

  • 旧ファサードは間口が狭くどことなく閉鎖的なお店。

  • 床・壁・天井共に仕上を貼替えシックに変身。既存の赤いドアとも調和するようクロスを選定。ルームプレートも変更しぐっと落ち着いた雰囲気に。

  • レッドの壁面にダークブラウンの家具が栄える。天井のLEDライトが動きを与える。

  • 一見落ち着きあるカラオケルーム。だが壁面・天井共にレッドのクロスを使用。照明次第で落ち着きある空間に。

  • 壁面のグラフィックシートが南国リゾートを演出。アジアンパネルもいい雰囲気をかもしだす。

  • アジアンパネルにアクリルパネルを持ち出したオシャレなルームサイン。

  • こちらはアジアンミラーパネルにカッティングシート切り文字貼。

  • 実はフォトフレームにトイレサインを入れているだけ。これだけだが雰囲気ばっちり!

海外・その他店舗デザイン実例

コンセプトはアジアンリゾート。基本色をブラウンとレッドに絞り、光の演出での表現を試みた。 鶴見店は土地柄やんちゃな若者が多く落ち着いた雰囲気にしたいとの要望を受けこのコンセプトにてプロジェクトを進行した。 旧店舗は間口が狭く閉鎖的な印象を受けたが、新店舗は間口が広く開放的なファサードに生まれ変わった。 限られた予算の中ファサード、レジカウンター、ドリンクカウンターを重点的にデザインし、全面的にリニューアルした事をアピール。 このプロジェクトは6階建てのビルに対し3週間の工期とタイトな上に終日カラオケの営業もお休みしないという過酷なスケジュールの中行われたが無事オープンを迎えた。

ちば まさゆきのデザインワンポイント

ファサードはお店の印象を決める大切な顔。安心感を与えるよう開放感を設ける事も大切だが見えすぎてもあまり良くない。 今回閉鎖的だったアーチを変更し、スタイリッシュなインパクトを与えつつ、ガラス面腰にはアジアン模様出力シートを貼り、ぐっとひきしまったフォサードデザインを試みた。 上部大看板も面板を替えよりリニューアルを強調した上に、全体のトーンを統一した。

店舗情報

●名称/業態:U-STYLE 鶴見店/カラオケショップ ●住所:神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央4-24-13 ●規模:255坪<6F建ビル 各階約42.5坪>

海外・その他のその他事例